バイナリーオプションの良い所と悪い所

バイナリーオプションのリスクのことをよく知っておくことが大事

為替は24時間変動して、想定と異なった値動きが起きます。そして、保持している通貨価値が下がってくると為替差による損失金が発生するわけです。そして、価格変動により期待している利益を得られない時がありますが、投資の判断基準になるデータから情報を得ることによって、だいたい予測をしていくことができます。そして低金利通貨を売り、高金利通貨を購入するといったことで、通貨の金利差のスワップポイントを受け取れますが、金利差は月単位で変動してきて、極端に下がってくることがあります。そして、通貨ペア次第だと逆にスワップポイントを払っていくことになって、即時決済任天児ないといけないです。そして売買中スワップポイントのレートを定期的に確認していくことが大事です。そしてfxは自己資金の数十倍以上の額を取引できますが、わずかな資金でも大きな利益を得られるようなケースがあって、同時に損失を出したら、預けた証拠金以上の額を払うことも有ったりします。そして証拠金以上の資金が減ってくるということを防止するために、レバレッジを低く抑えていきながら、ロスカットやマージンコールなどリスク管理で損失を抑えていくことができます。そして、期待した通貨が急に下がってきても米ドル/円のとき1日最大5円で、1円でも注目されるぐらいなのです。そして、1ドル100円のとき1年下がると割合では1%に過ぎないですが、バイナリーオプションはレバレッジがあり、これが数倍である限りはリスクも数倍なのです。そして短期で為替変動リスク、また長期で金利変動リスクを背負って、レバレッジリスクが損失を大きくするのです。

fxはスワップポイントやレバレッジや24時間売買や格安の手数料などメリットがありますが、スワップポイントは、金利が安い国の通貨で高い国の通貨を購入すると発生してくる金利差であり、低金利国の日本円だからできる収入で、豪ドルであれば2012年2月時点で1万通貨当たり83円のスワップポイントをもらえるのです。そしてレバレッジを活用し、少ない資金でも大きな取引が行えて、手元に10万しかなくてもレバレッジを25倍にしてみれば250万円分の資金で外貨購入が可能です。そして、世界1位の取引量であるロンドン市場が日本時間16~翌3時、世界2位のニューヨーク市場は日本時間21~翌6時、3位の東京は8~18時で取引されています。そして働く、会社員や勉強中の学生であってもネットで気軽に時間を気にしないで売買していけます。そして株を100万購入したとき手数料は高くて500~1000円ぐらいであり、fxは100万円=10000ドルに換算したとき手数料は無料であり、スプレッドが100円以下だけといったfx会社も珍しくはないです。そして買いではなくて、売りから始めていくことも可能で、もしもドルが安くなってくると予測をしたとき、ドルを売りたいが、手物にドルがなくて、それでもfxはドル/円の通貨ペアをうっていくことができます。そして同時にユーロは高くなるといったことを予測するとユーロ/米ドルを購入していくことでドルを売りユーロを買うことになるわけです。

続きを読む≫ 2015/04/22 08:26:22

信用リスクはバイナリーオプション会社が経営破たんしたら、預託している証拠金や利益が保全されないことがあり、そのために投資家が預けた保証金が会社の資産とわけ管理していく信託保全を選ぶとこのリスクを回避することが可能です。そして、いまではfx会社の淘汰がすすんできて、信託保全が義務化されていて、資本力や親会社が強固な企業のみが残っていて安心できるでしょう。そして、バイナリーオプションは世界各国の取引所と売買しており、その相手を検索しマッチングして行く能力には業者間で差があったりします。そしてどの会社であっても指定したレートで100%約定していけるといったことではなくて、システムのスペック差により想定レートで決済していくことができないこともあったりします。そして通貨ペアでもリスクが生まれて、取引量が少ないようなマイナー通貨は、売買相手も少なく約定しにくくなっています。そして災害やテロがその国で起きて、通貨の価値が落ちてきても誰も買ってくれないような流通量リスクもあります。そして、それ以外でも電子取引リスクも有名であり、口座番号などが盗まれ、資金が悪用されてしまったり、操作を間違え、意図しないような注文をしたりすることがあります。そして実店舗がある金融機関と違って、ネットだとその確率が大きくなってくるのです。そしてバイナリーオプションは潜在的リスクがあると言ったことを初心者の方は損する前に知っておくことが大事で、対処法も知っておくことが必要となるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/22 08:24:22